顎ニキビは早めに正しく潰すべき!中途半端な口コミに頼っては駄目

顎にできるニキビも顔の他の部分にできる大方のニキビと大きな違いはありません。鼻にできる黒ニキビだけ別ですが、それ以外のニキビは目立つか痛いかが違うくらいで大差はありません。

でも額や頬なら前髪で隠せるけれど顎は隠しようが無いので早めに対応した方が気にする期間が短くて済みます。

口コミでは潰せば良いとしている情報をよく聞きますが、これは正しい反面危険でもあります。正しく潰せば治りも早く、目立たずに済むのですが間違った潰し方をすればニキビの範囲が広がるし治りも遅くなります。

顎ニキビは特に物を食べれば伸縮する顎にできているので、きれいに潰せないと他の箇所より長引く事になります。

正しく潰すには火であぶるか消毒液で消毒した針の先でニキビの先端の変色している部分に浅く孔を開けて膿を出せば良いのです。孔が深過ぎたり、膿を出す時に押さえ過ぎたりすると治りが遅くなります。

必要な措置をすれば良いのですが、分からなければ皮膚科で治療を受けて要領を身につけてから自信を持ってやるべきです。

自信が無ければ専門家に施術は任せるべきです。膿がたまっているところが皮膚の内側で裂けると顎ニキビの場合には顎の線が歪んでしまう危険もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA